エリア

Uber Eats(ウーバーイーツ)の横浜で稼げる/鳴らない店舗エリアやパートナーセンターを解説!

今回はUber Eats(ウーバーイーツ)が横浜市内ではどういった状況になっているのか、ということをお話していきたいと思います。私自身、基本的には東京都区内西側(新宿区・渋谷区・中野区など)で配達の仕事をしているので、あまり横浜には詳しいというわけではないのですが、お教えできる範囲でお伝えできればと思います。

まず初めにUber Eats(ウーバーイーツ)は横浜市内でどれだけ展開されているのか、店舗エリアなどをご紹介しながらお話していきます。次に、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして横浜市内で配達の仕事をしようという方に向けて、登録方法やおすすめの仕事の進め方についてお伝えしていきます!

Uber Eats(ウーバーイーツ)横浜の稼げる店舗エリア

まずは横浜におけるUber Eats(ウーバーイーツ)のサービスエリアについてですが、以下の範囲がサービスエリアになっています。

・横浜市南区

・横浜市西区

・横浜市中区

・横浜市鶴見区

・横浜市神奈川区

・横浜市磯子区

・横浜市港北区

・横浜市保土ヶ谷区

基本的には横浜市中心街(どこまでを中心で、どこからが中心ではないというのには主観が含まれるので一概には言えませんが…)がサービスエリアに入っているという理解でいいと思います。このエリアには様々な店舗があるので、おなじみのマクドナルドから今流行りのタピオカまで、自分の好きなお店を見つけてもらえればなぁと思います。

ということは、逆に

・横浜市青葉区

・横浜市旭区

・横浜市港南区

・横浜市瀬谷区

・横浜市戸塚区

などはサービスエリアに含まれていないということになりますね。ですが、近頃川崎市内のサービスエリアが拡大されたりということがありました。ですので、もしかすると急に横浜市内もサービスエリアが拡大されるということもあるかもしれませんね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)横浜のパートナーセンター

次にご紹介するのは、横浜にあるパートナーセンターについてです。Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして配達の仕事をするためには、最初にパートナーセンターにいって登録会に参加してバッグを受け取る必要があります。

各都市にパートナーセンターはあるのですが、東京に3か所ある以外は各都市に一つということになっています。横浜にあるパートナーセンターはみなとみらい線の馬車道駅と京浜東北・根岸線の関内駅から徒歩でいける場所にありますが、営業日が月・水・土のみというところが注意が必要な点です。営業時間は12時から19時です。

営業日が変わったりもするので、最新の情報には気を付けていただきたいと思います。

最後に

今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)が横浜ではどのように展開されているかについてお話してきました。やはり東京で配達の仕事をしている身からすると、まだまだ東京以外だとエリアも限定されていたり、パートナーセンターの営業時間が短かったりと文化としてUber Eats(ウーバーイーツ)が根付いていないんだなぁと感じさせられます。

ですが、徐々にUber Eats(ウーバーイーツ)も認知度が上がっており、利用者数も増えているようです。そうしたなかで、横浜地域のエリアの拡大やサポートの充実もより一層進んでいくのではないかと考えています。今後の横浜におけるUber Eats(ウーバーイーツ)の発展には期待しましょう!

 

-エリア

Copyright© Uber Eats(ウーバーイーツ) 配達パートナー  , 2020 All Rights Reserved.