未分類

Uber Eats(ウーバーイーツ)でマクドナルドを注文する際の値段や配送手数料は?無料情報や開かない場合についても!

今回はUber Eats(ウーバーイーツ)を語るには忘れてはならないマクドナルドの存在についてお話していきます。Uber Eats(ウーバーイーツ)の中でひときわ存在感を発揮しているマクドナルドですが、やはり店舗数の多さと利用における気軽さというところで他の店舗を圧倒しているように感じます。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)との合同のキャンペーンを実施したりと、注文者がUber Eats(ウーバーイーツ)を使い始める入口にもなっているのがマクドナルドともいえるでしょう。そんなマクドナルドの値段や送料などをお話することで、Uber Eats(ウーバーイーツ)とはどんなビジネスなのかというところまでお話していければなと思っています!

Uber Eats(ウーバーイーツ)でマクドナルド利用の値段や配送手数料とケチャップについて

まずはじめにUber Eats(ウーバーイーツ)でマクドナルドを利用する際の値段や配送手数料についてです。Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文をする際ですが、マクドナルドを検索して商品をタップするだけで基本的には注文できますので、比較的簡単に注文はできると思います。

値段についてですが、商品の値段は基本的にはお店で買う場合とほとんど変わりません。では何があるのかということですが、配送手数料、要するに配送料がかかってきます。これは距離などに応じて変動するので一概には言えませんが、ピーク時間帯などでは大幅に上昇することもあるようです。

また、雨の日など配達パートナーの確保に苦労しているときなどは配送手数料がこちらも上昇します。この配送手数料ですが、マクドナルド限定で無料になるサービスなども期間限定で実施されたりしています。新しい顧客層開拓のためのキャンペーンだと思いますが、CM広告もうったりとUber Eats(ウーバーイーツ)の目玉イベントの一つになっています。

また、スマイルも実は注文することができます。こちらは店舗同様0円です。私は配達パートナーとして注文された経験がおそらくないのですが、注文されたときは配達パートナーがスマイルを提供するという形になるのでしょうね。ケチャップ抜きやピクルス抜きなどのリクエストには対応してもらえません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)でマクドナルドが開かない場合

次にUber Eats(ウーバーイーツ)でマクドナルドが表示されない場合についてですが、、これはいろいろなパターンが可能性として考えられます。その周辺店舗だけが一時的にオーダーをストップしているといったことや、悪天候などでUber Eats(ウーバーイーツ)そのものがサービスをストップさせている場合などです。

ですが、最も多いのはマクドナルドの最寄り店舗から離れすぎていることがあるのかなと思います。やはりマクドナルドが出てこないのは気になることではありますが、マクドナルドをどうしても食べたいという場合は最寄りのマクドナルドまでUber Eats(ウーバーイーツ)を利用せずに直接買いに行くのがいいのかもしれませんね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のマクドナルドのプロモーションコード

Uber Eats(ウーバーイーツ)にはプロモーションコードというものが存在します。先ほど述べた配送手数料無料キャンペーンなどを利用する際もこのプロモーションコードを専用欄に打ち込む必要がある場合もあるようです。言ってみればクーポンのような制度ですね。

このプロモーションコードは基本的には公開されているものですので、キャンペーンが始まった時は見逃すことなく、かならずプロモーションコードを打ち込むようにしてくださいね。

一方でこういったキャンペーンが実施されているときは、マクドナルドへの注文が大幅に増加します。ということは、配達パートナーの仕事も増えるということですね。ですので、この時期はある意味、配達パートナーにとっても繁忙期ということになります。

いつもの待機場所などもこの時ばかりはマクドナルドの近くに移してマクドナルドへの注文のリクエストを受けやすいように準備しておきたいものです。

Uber Eats(ウーバーイーツ) マクドナルドまとめ

今回はUber Eats(ウーバーイーツ)のマクドナルドの料金体系やマクドナルドがアプリ上で表示されない場合の話、最後にプロモーションコードやキャンペーンの話をさせていただきました。このマクドナルドでお話した内容はだいたいどこのお店にも基本的には応用可能です。

一方で、マクドナルドはUber Eats(ウーバーイーツ)の営業時間内であれば基本的には営業していますが、他のお店はそもそもお店をやっていない時間帯があったり、お店自体は営業中だけれどもUber Eats(ウーバーイーツ)からのオーダーはストップさせているということがあるようです。

このような使いやすさなども含めた身近さから、マクドナルドはUber Eats(ウーバーイーツ)の目玉商品となっています。私も配達パートナーとして配達の仕事をしていると「やはりUber Eats(ウーバーイーツ)の利用の中でも一番の注文の多さを誇るのがマクドナルドなんだろう」ということはひしひしと感じます。

まだUber Eats(ウーバーイーツ)を利用したことがないという方はぜひマクドナルドをはじめに利用してみるのがいいと思います。ある意味ハードルが一番低く、商品が崩れた状態で来る可能性も低いと考えられるからです。また、配達パートナーを始めたばかりという人は、マクドナルドに来る注文を狙ってマクドナルドの近くで待機するのが無難だろうと思います。

注文者・配達パートナー双方にとって重要な存在であり続けるマクドナルドについて今回は取り上げました。

 

-未分類

Copyright© Uber Eats(ウーバーイーツ) 配達パートナー  , 2020 All Rights Reserved.